コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


LCCで出張。コンサルタントのサポート日記

先日、LCC(ローコストキャリア)の飛行機で出張に行ってきました。

2017-02-05 12.46.09

 

いやぁ、激安ですね。

 

通常なら片道45,000くらいする航空運賃が、往復で12,000円ほどで済みました。

 

LCCは手荷物の持込も重量制限が厳しく、私は仕事柄常にプロジェクターなどを持ち歩くので、

重量制限をオーバーするのは必至。

なので宅急便で送りました。

その宅急便の送料が往復で5,000円くらいですから、

航空運賃の安さはお分かりいただけると思います。

 

で、どうだったかというと、まず往路。

そもそも出発時刻が15分遅れ。

この程度ならよくある話ですから気にもせず、とりあえず機内に乗り込みます。

そして、座席についてちょっとうとうとして、体感的には30分くらい寝たかなと目を覚ますと、

なんとまだ滑走路で離陸の順番待ちをしているではありませんか。

結局乗り込んでから離陸まで1時間かかりました。

当初の出発時刻からは1時間15分遅れの出発。

でも、乗客の皆さん、だーれも、ひとことも、文句を言いませんでした。

勿論機内アナウンスで到着遅れを一応詫びるんですが、マニュアルを淡々と読んでいるだけのような語調で、

申し訳なさを全く感じませんでした。

 

そして復路。

こちらも往路同様、20分くらい遅れたでしょうか。

 

結局、安くは行って帰ってこれましたが、なかなか問題のある旅でした。

 

昔からよく言われますが、まさに

「Time Is Money」

 

LCCは本数が少なく、必然的にフライトの時間が限られますので、

アポイントなどは余裕のあるスケジュールを組まざるを得ません。

 

しかし、それでちょうどいいんでしょうね。

 

LCCで旅行を計画されている方がいらっしゃったら、参考にしてくださいね。

 

それでは、また(^^)