コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


オーダーキッチンのプロ キッチンマイスターが新たに九州地区に10名誕生!

先日から実施していたキッチンマイスター養成講座in博多が、

とうとうファイナルを迎えました。

 

これまで何日も熱心に授業を受けていただき、

頭から湯気が出るほど(笑)

勉強していただきました。

 

デザインのこと、色のこと、照明のこと、キッチンの基本設計からバリエーション豊富な応用編まで、

天板や面材のありとあらゆる素材(人工大理石かステンレスかというような単純な二択ではありませんよ~!)、

国内だけにとどまらず、ドイツやスペイン、イタリア、スウェーデンなどなど

“世界の果てまでイッテQ!”というTV番組並みに

海外の隅々までを網羅したアプライアンス(加熱機器や食洗器、水栓金具などなど)の知識、

これがまた格好いいんですよね~。

なんでヨーロッパのデザインってあんなに格好いいんでしょう。

これらを見ると日本のキッチン業界って、ヨーロッパと比べて、

周回遅れどころか、もしかして20年くらい遅れてるんじゃないかと思っちゃいます。

もちろん機能もビックリするほど高性能(@_@;)

 

そして、講座の最後には覚えたての数々の知識をふんだんに活用して、

オーダーキッチンを中心としたLDKのプランニングの実技と、

それをお客様に伝える練習もかねてのプレゼン大会!

キッチンマスター養成講座プレゼン風景

先生から褒められこともあれば、厳しい指摘を受けることも。

 

でも実務で大失敗するくらいなら、講座の中でビシビシと厳しい指摘を受けて、

肥やしにすればいいんですよね(^^)

 

今回受講いただいた10名の皆様も、普段から家づくりにたずさわり、

プロとしてやってこられた方ばかりです。

中にはある程度オーダーキッチンを造ったことがあるという方もいらっしゃいました。

そんな方々でも大変勉強になったようで、

相当力をつけていただいたんじゃないかと思います。

「これで、そんじょそこらの同業者さんには負けませんよー!」

ってな感じでしょうか(笑)

 

世間では以前ほど設備機器にお金を掛けなくなってきていると言います。

ところが逆に、個性的なデザインのものや、より使い勝手の良いものを求めるお客様は増えています。

国内のシステムキッチンメーカーさんも頑張っていらっしゃると思うのですが、

やはり結構無難に収まっていたりします。

また、LDK全体のデザインや、床・壁・天井などの素材とのマッチングを考えると、

メーカーさんのシステムキッチンでは違和感を感じることも多々あります。

 

そんな時に、価格はそこそこでもちょっと気の利いたオーダーキッチンを提案できればどうでしょうか?

きっとお客様に喜んでいただけるのではないでしょうか。

 

大手住宅メーカーや大手ビルダーさんでは対応できないキメの細かい提案、

工務店の強みであるモノづくりの原点にもう一度トライしてみませんか!