コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


iPadを活用した新しい住宅営業のカタチ

住宅営業の現場において、iPadは新たなツールとして活用されています。iPadを導入することで時間を有効的に使えるので人件費削減にもなります。こちらでは、これまでの営業のスタイルにおける問題点と、iPadを使った新しい営業スタイルの違いをご紹介します。

これまでの営業においての問題点

昔に比べ顧客のニーズは多様化しており、変化するスピードも非常に早いため、営業の現場ではそのスピードについていけず、十分な商品知識をもって顧客に説明することが困難になるという問題が発生しています。
また、忙しく時間が取れない顧客に営業できず、なかなか新規顧客を獲得できないという問題や、人件費に見合った営業成果が得られないという問題は、多くの経営者様を悩ませています。
そんな中注目を集めているのが、iPadを始めとするタブレット端末を活用した新しい営業スタイルです。

iPadを使った新しい営業スタイル

iPadは、これまでの営業における問題点の多くを解決してくれるツールです。
例えば、商品知識、営業資料、社内資料、研修資料、マニュアルなど、営業の現場で必要な情報を全て持ち歩くことができるため、お客様の目の前にいながら多様なニーズに応えることが可能です。
また、お客様の持っているiPadを活用することや、iPadを貸し出すことにより、24時間お客様の都合のいいタイミングで商談を行うことが可能となります。

iPadのみでお客様とのやりとりを完了できれば、人件費の削減も可能です。
ただ、当然これらを実践するにはノウハウが必要となります。
そのため、これからiPadを営業に取り入れようとお考えの方は、豊富なノウハウを持ったプロにサポートしてもらうことをおすすめします。

コミュニケーション&リーディングは、中小企業、建築・工務店業界を主な対象として活動するコンサルティング会社です。iPadをお客様に貸し出して商談を進める、新しいタイプの住宅営業のカタチを提案しており、実際に利用していただいた工務店様でも契約率向上に繋がっています。
経営手法に関するお悩みなら、コミュニケーション&リーディングにご相談ください。