コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


SEO研修、会員様サポート、YouTubeサポートからの柿の葉寿司

先日からの2泊3日の出張もいよいよ終わりです。

写真は帰りの新幹線でのお楽しみ、大好物の柿の葉寿司です。

出張帰りの新幹線のお楽しみの柿の葉寿司

奈良県出身の私としては、これ、はずせないんですよね〜(笑)

 

今回の出張の初日はホームページの納品先でのSEO研修、

翌日は会員様サポート、

そして最後はYouTubeを活用した動画マーケティングに取り組んでいただいている会員様のサポートでした。

 

初日のSEO研修のことは6月20日のブログに書きましたので、

今日はYouTubeを活用した動画マーケティングについてちょこっと。

 

最近テレビでもちょくちょく目にしますが、

来年には5Gになりますよというお話。

 

聞いたことがある方はもうおわかりだと思いますが、

携帯電話の通信方式が、現在の4Gから5Gに変わります。

というか進化します。

 

どう進化するかというと、やり取りできる情報量が100倍にもなるという進化です。

 

つまり、遠隔地や離島にいる患者さんに東京から遠隔でオペができるようなったり、

人間が入れないようなところに重機を入れて遠隔で作業ができるようになったりするそうです。

 

そしてなによりも、

webでの動画の活用がいよいよ本格的になりますよ!

ということです。

 

つまり今ホームページやSNSでちょこちょこと動画が使われていますが、

まだまだ大半は静止画です。

 

ところが、動画は静止画に比べると圧倒的に伝えられる情報量が違います。

また、人が受け取った情報が記憶に定着するのは、

耳からだけの情報(音)なら20%、

目からだけの情報(文字)なら30%、

これらと比較して、

目と耳からの情報(動画)は70%が記憶に定着すると言われています。

圧倒的な差ですね!

その後の問合せや購買に至る確率もすごく高くなるそうなのです。

 

だとしたら、あなたなら文字や静止画のみと動画、どちらを活用しますか?

 

そして、その動画が通信方式が5Gになることによりより身近になるということなのですね。

 

そんなこともあって先を行っている工務店さんは既に動画の活用を始められています。

今回サポートにお伺いした工務店様のYouTubeチャンネルはこちらです。

https://www.youtube.com/channel/UCfB3Rs2sXq1GGwWIY-JhybA

 

どうですか?すごい投稿の量でしょう?

ブログやwebの記事と同じで、この量こそがやっている方とまだやっていない方の差なのです。

そして、それは時間が経てば経つほど埋められない差になってくんです。

ブログを3,000件とかすぐに書くのは無理ですよね?

でもページ数の多いサイトほどSEO的には強いのです。

 

そう言われてみれば10年くらい前、webのことはよく分からんとか、

SNSはどうも好きになれないとかおっしゃっていた経営者が結構いらっしゃいましたが、

今もうそんなことは言っていられませんよね。

それと同じで、

「YouTubeなんてよくわからん」

とか言っている場合じゃない時代がすぐ目の前に来ているということですね。

 

もし動画についてもしまだ何も始められていない方がいらっしゃいましたら、

悪いことは言いません。すぐに何らかのアクションを起こしてください!

手遅れになる前に(^^)

 



キッチンは選ぶものなのでしょうか?

SNSを見ていて、またぞろ

「お客様とキッチンを選びにショールームに行ってきました」

的な投稿を目にしました。

 

まぁ、普段からよく目にするのですが(笑)

こういう言葉を見ると本当に寂しく思います。

 

建売も多く手がけ、棟数を競っている大手住宅メーカーさんやビルダーさんならまだしも、

注文建築、しかもフルオーダーを売りにしている工務店さんが、

「キッチンを選ぶ

という言葉を発せられるのにはとても違和感を感じます。

 

大型のアイランドキッチン

 

「家は建てるものであって、買うものではありません」とか、

「大手メーカーは家を商品と言い、不動産屋は物件と言い、建築家は作品と言う。

私達工務店は家をそんな風には呼びません。」などと言いながら、

「キッチンは選んだものを買う」と平気で言うのです。

 

注文建築を建てる時、形は四角しかできませんとか、

総二階しかできませんと言われたらがっかりするじゃありませんか?

 

キッチンも形は長方形で、大きさは2550か2700かどっちにしますか?

と言われたら寂しいですよね。

 

お客様はなぜ住宅メーカーではなくわざわざ工務店さんに家造りをお願いしてくれるのでしょうか?

それは、小回りがきくし、細々と希望を聞いてくれるし、親切だし、

それでいて価格も大手より安いし、というところじゃないでしょうか?

なのに家の中の設備は大手メーカーと変わらないのであれば、

工務店さんに依頼する意味がありません。

 

キッチンが既製品を買うしかないのであればそれも致し方ありませんが、

キッチンはお客様が好きなように造れるのです。

 

家電をビルトインしたすっきりした収納

 

もちろんコスト的な事情もあるでしょうが、

オーダーキッチン屋さんや家具屋さんに丸投げせずに、

工務店さん自身が家を建てるときのようにコストダウンの工夫をすれば、

十分なキッチンが造れるのです。

 

そのあたりの認識、工務店さんが変わってくれれば、

日本のキッチン業界、ひいては住宅業界も大きく変わると思います。

 

工務店さん、頑張りましょう!\(^o^)/

 

 



ホームページ納品とSEO研修

またまた1件ホームページを納品させていただきました。

 

もちろん今時なので新規に作るのではなくリニューアルです。

 

元々は見かけも良く、インデックスは3,000くらいあったホームページだったのですが、

改修、改修で何年か来ていたせいで、ホームページの構成が変な構成になってしまっていました。

 

というのも、インデックスを増やすためにブログや施工事例を真面目にコツコツ書いておられたのですが、

ここ一年くらいジリジリとアクセスが低下傾向で、当然のことながら問い合わせも手減少傾向とのこと。

 

どうもおかしいので一度見てもらえないかと、セカンドオピニオン的にご相談をいただきました。

早速弊社でホームページ診断をさせていただいたところ、原因が判明しまたよー!

 

なんとせっかくコツコツと増やしてきた施工事例ページのどのページのタイトルも、

全て施工事例一覧ページのタイトルになってしまっていました。

 

また、ブログも社長をはじめスタッフの方々でコツコツと書きためていらしのですが、

これもやはりページタイトルが検索に引っかかりそうなタイトルからはかけ離れてしまっていました。

 

まぁ、これでは検索にかからないのでPV数も伸びませんし、

問い合わせが来るわけはありません。

 

それがわかってからは、この工務店の社長様の行動は早かったです。

というか、その行動力とスピード感が経営のすべてかなと心底感心しまた。

 

前回の改修から約1年半だったそうで、金銭的にはちょっともったいないかもしれませんが、

見込み客が一向に増えないのを放置するよりもマシですよね。

弊社もそれならばと、なるべくリーズナブルにリニューアルできる提案をさせていただきました。

 

で、着手から約2ヶ月。

工務店さん側の協力体制のおかげもあり

「社長、できましたよー!」

と相成りました。

こちらがリニューアルしたサイトです。

姫路・たつの、注文住宅・デザイン住宅・新築一戸建てなら

 

無事サイトのオープンも済ませ、そのタイミングに合わせてSEO研修にお伺いさせていただきましたよ。

ホームページ納品時のSEO研修の様子

当日は社長様を始め統括部長様と設計の女性スタッフさんに受講いただきました。

 

ウェグナーのチェアが置いある居心地のいい打ち合わせスペースでした(^^)

 

元々ある程度webの知識もお持ちだったので、今回の研修の内容は上級編でお話させていただきました。

 

あ、もし弊社のSEO研修を受講された方で、初級編しか聞いてないぞ!という方がいらっしゃったら、

お気軽にご相談ください。

あらためて上級編の研修を実施させていただきますので。

 

それではまた\(^o^)/

 

 



キッチンアカデミー フォローアップ研修の準備

今日は明日、明後日と行うキッチンアカデミーのフォローアップ研修をしていました。

 

これがけっこう大変なんですよ。

 

レジメを作成して、プリントして、

ホッチキスで綺麗に留めてと、

参加人数が多いと意外と大変なのです。

アンケートを作ったり、その他カタログなどの配布資料を揃えたりと、

猫の手も借りたいくらいです。事務所に猫はいませんけど(^^;

キッチンアカデミーフォローアップ研修の準備

 

とは言っても多くの会員様が、全国各地の遠方から期待してお集まりいただくので、

粗相があってはいけないわけで。

さらに、懇親会のお店の手配やメニューの調整、

プロジェクターなどのプレゼンの準備など色々とやっていました。

 

そして、ようやく準備も完了。

 

明日、明後日とお天気も大丈夫そうだし、

あとはお客様である会員様をお迎えするだけです。

 

ご参加の皆さん、明日は気をつけていらしてくださいね!

新宿のリラインスさんのショールームで準備万端お待ちしていまーす!\(^o^)/



間違いを詫びる勇気こそ本物のプロフェショナル

こんにちは。

今日は西宮に来ております。

仕事で訪れた西宮駅

今日はこのまま神戸まで移動して泊りで、

明日はたつの市の予定です。

 

仕事が一段落してホテル近くの焼き鳥屋さんで軽く食べて。

こんな感じです。

JR神戸駅近くの焼き鳥屋さん  JR神戸駅近くの焼き鳥屋さん

なかなか渋い感じでしょ?

店内は煙もうもうでしたが(笑)

人気店らしく、満席でした。

 

食べ終わってから軽く一杯と思い、焼き鳥屋さんの真ん前のお店に寄りました。

静かな感じのバーで、蝶ネクタイをした年配のバーテンダーさんがお一人でやられていました。

なかなかオシャレな外観のバー

 

なんとなく、誇りを持ってお仕事されているのかなと思い、

いつもはウイスキーのロックとか頼んじゃうのですが、

腕を見たかったので珍しくカクテルなんぞを頼んでみました。

ジンベースのカクテル、ギムレットです。

レイモンド・チャンドラーの「The Long Goodbye」に出てくる有名なセリフ、

「ギムレットには早すぎる」のあのギムレットですね。

 

ギムレットは好みにもよりますが、

ドライジン(タンカレージン)にライムとガムシロップを入れます。

好みと言ったのは、爽やかにに飲みたいときはガムシロを少なめに、

酸っぱすぎる時はガムシロを多めに入れるのですが、、、

ギムレット

で、ひと口口に含むと、ちょっと酸っぱかった(笑)

まぁ、ドライな方が好きなのでまぁいいかなと思っていたら、

マスターが急に

「お客様、すみません。私、ぼんやりしていてシロップを入れ忘れました。

申し訳ありません。もう一杯作りますから少々お待ちください。」

と、正直に謝ってくれました。

 

私は逆にその潔さに感心してしまいました。

マスターは多分、プロ中のプロ。

バーテンダー歴40年はやっていそうな感じの方です。

ややもすると、「これ酸っぱいんですけど」とクレームをつけようものなら、

「はぁ?そうですか?」ととぼけてもよさそうなものですが、

このマスターは、先に自分の非を認めてちゃんと詫びてくれたのです。

 

その時にふと思ったのが、

人間誰しも間違えることはありますよね。

でも、そこをちゃんと自らの非を潔く認めて、

すぐにきちんとしたものを出しなおす、

これが本当のプロ中のプロなのかなと。

 

あまりに気持ちよく謝られたので、

私も自然と「全然いいですよ、気にしないでくださいね」と答えていました。

 

取り替えますよと言われましたが、

貧乏性な私。

「せっかくなので両方いただきます」とちゃっかり二杯いただいて帰りました(笑)

二杯のギムレット

さっ、明日もガンバロー!