コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


なにごとも裏話や秘話を知ると、ものごとの本質がみえる? 工務店コンサルのつぶやき

今は亡き大瀧詠一さんの「君は天然色」という曲をご存知ですか?

大瀧詠一さんと言えば山下達郎さんを世に送り出したことで有名ですが、

「君は天然色」は大瀧さんの昭和ポップスの名盤で、

ミリオンセラーになった「A LONG VACATION」というアルバムに収められ

アルバムの発売と同時にシングルカットされ、ヒットした曲です。

最近になってもCMソングに使われたりするので、聞いたことがある方も多いと思います。

当時私は中学生だったので、ドはまりしたアルバムです。

 

君は天然色

 

さて、この曲、何気なく聞いていると単なる恋愛ソングのように聞こえるのですが、

ちょっと悲しい裏話があります。

 

作詞は松田聖子さんの「風立ちぬ」や「赤いスートピー」、太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」などを手掛けた松本隆さんです。

 

松本隆さんと言えば、日本のロックの創成期の伝説のバンドで細野晴臣さん、大瀧詠一さん、鈴木茂さんと組んだはっぴいえんどのメンバーとしても有名ですよね。

 

つまり大瀧詠一さんとは同じバンドの盟友だったわけです。

 

大瀧さんは大ヒットした「A LONG VACATION」をつくるにあたり、

今回はヒットを狙いたいからと古くからの盟友、松本隆さんに作詞をお願いします。

昔馴染みからの依頼ですから松本隆さんはふたつ返事で快く受けたのですが、

その直後に松本隆さんの妹さんが心臓の病で急逝してしまいました。

 

最愛の妹を失った松本隆さんはとても作詞できる心理状態ではないからと、

大瀧さんに詫びを入れて依頼を断ろうとしたのですが、

大瀧さんは旧友のことをおもんばかって、

「俺のアルバムなんて発売日を伸ばせばいいだけだから、詩が書けるようになるまで待つよ。」

と答えたそうです。

 

その言葉の通り大瀧さんは松本さんの気持ちが回復するまで3ヶ月ほど待ち、

「A LONG VACATION」は8カ月ほど遅れて発売になりました。

 

こんな裏話があったことは私も知らなかったのですが、

この逸話を知ってあらためて「君は天然色」を聞いてみると、

歌詞にこめられた松本隆さんの妹さんへの想いが伝わってきて、涙が出ました。

 

くちびるつんと尖らせて なにかたくらむ表情は

別れの気配をポケットに隠していたから

机の端のポラロイド 写真に話しかけてたら

過ぎ去った過去 しゃくだけど今より眩しい

想い出はモノクローム 色をつけてくれ

もう一度そばに来て はなやいでうるわしのColor Girl

 

どうですか?裏話を知ると全く違った曲に聞こえてきますね。

 

今は大瀧さんも亡くなられてしまいましたけど、友情っていいですよね。

 

ちなみに裏話をもうひとつ。

「君は天然色」のオリジナル曲のイントロはコードEで始まるのですが、

歌詞に入るとコードがDに変わります。

転調しているのですね。

これは理詰めの曲作りを得意とする大瀧さんのテクニックだと思っていたのですが、

実はそうではなく、

はっぴいえんどをやっていたころの声域で曲を作ってみたら、

サビのところの高音が出ないことに気づき、キーを一音下げたんだそうです。

 

こちらはあの大瀧詠一さんでもそういうことがあるのかと、クスッとするような逸話ですね。

 

ちなみにこの話を社内でしたら、ウチの若い女子スタッフは、

曲も知らなければ、大瀧詠一さんも知りませんでした。

なのですぐにYouTubeで曲を聞かせたら、「あ~、聞いたことあります」だって(笑)

 

ではまた!

 

 

 



ホームページは何のためにつくるのか 工務店コンサルのつぶやき

先日はホームページとウエブサイトの違いについて書きました。

ご覧になっていない方はこちらからどうぞ。

ホームページとウエブサイトの違い 工務店コンサルのつぶやき

 

今日はホームページは何のためにつくるのかについてつぶやいてみたいと思います。

 

よくホームページは24時間働いてくれる優秀な営業マンという表現をしますね。

あなたの会社のホームページはここでいう優秀な営業マンですか?

優秀な営業マンのイメージ画像

優秀な営業マンと言えば、売り上げを沢山あげてくれる人ですね。

だとしたらホームページは優秀な営業マンになり得るのか?

物販を目的としたEコマースサイト(分かりやすく言えばサイトからポチっとすればモノが売れるサイト)ならばそうなのでしょうが、

住宅やリフォームなどの金額の張るものの場合はそう簡単にはいきません。

この辺りが住宅・リフォーム会社のホームページの難しいところですよね。

 

では住宅・リフォーム会社はホームページに何を求めるのかと言うと、

答えは二つ。

 

①ガンガン見込み客を連れてきてくれる。

つまり問い合わせを沢山取れること。

 

それから、

 

②会社や社長、スタッフの印象を良くしてくれる。

つまりブログなどの記事の投稿を通じて人柄を理解してもったり、

施工事例を見てもらい良い家を建てる会社だと思ってもらう。

 

この二つでしょう。

 

そして言うまでもなく、②は数字に表れにくいのですが、①は明確に数字に表れますね。

そして①をいかに増やしていくかが本来のホームページの役割ではないかなと思います。

 

ここで良いサイトとダメなサイトの私なりの定義をひとつ書きます。

あくまでも私なりの定義なので違った意見があるかもしれませんがご容赦ください。

私なりの良いサイトは、下層ページ、つまりTOPページではないページのアクセス数の方が多いサイトです。

ダメなサイトはTOPページのアクセス数が方が多いサイトです。

 

なぜそう思うのかと言うと、TOPページからサイトに入ってくるお客様は、

既に広告か何かで会社名を知っていて、会社名で検索をしてくるお客様だからです。

このようなお客様はある程度限られてしまいますし、

逆に会社名を多くの人に知ってもらうためには大金をかけてチラシを沢山まいたり、

看板をそこここに建てたりと、いずれにせよ広告費を大量にかけなければいけないからです。

 

逆に下層ページから入ってくるお客様はどんな人かと言うと、

なんとなく〇〇な家を建てたいなぁとか、

〇〇な内装にリフォームしたいなぁとか、

家づくりの〇〇な不安を解決してくれる会社はないかなぁ、

などとネットで検索している人が、

その会社の施工事例やブログなどに自然にたどり着いてくれるお客様だからなのてす。

こっちのプロセスに多額の広告宣伝費は要りません。

 

分かってもらえましたでしょうか?

 

先日ある勉強会に参加した時、といも印象的な言葉を聞きました。

『ウエブサイトを作って終わり』は砂漠の真ん中に看板を立てるようなものだと。

まさにその通りだと思います。

だからTOPページのデザインがカッコいいからと言ってアクセスが増える訳ではないし、

ホームページ制作にどれだけお金をかけたからと言ってアクセスが増える訳ではありません。

砂漠の真ん中の看板がどれだけカッコよくても、お金がかかっていようとも、

見つけてもらわなければ全く意味がないのです。

 

つまりホームページは何のためにつくるかというと、

ズバリ、

「全く顔も名前も存在すら知らないお客様に、あなたの会社のホームページを見つけてもらい、あなたの会社を知ってもらうため」

なのですね。

 

と言うことで、そうなるためにはどうすれば良いのかは、またいつかの機会に書きたいと思います。

 

お楽しみに―!チャオ\(^o^)/

 

 



ホームページとウエブサイトの違い 工務店コンサルのつぶやき

仕事柄全国の工務店さんを訪ね歩くことが多いので、

ブログも旅日記みたいな投稿が多いのですが、

最近ブログを見ていただいた知人から、

「萩さんは毎日色々なところを飛び回って大変ですねぇ」とよく言わます。

それってきっと、色々なところで毎日おいしいものが食べれていいねぇ的なことを思われているのかな(笑)とちょっと反省しまして、

時々真面目なことも書かないとなと思った次第です。

 

ということで、これからは時々真面目なことも書きます!

知ってそうで知らないことや皆さんのビジネスに役立つことも書いていきます!

と宣言するほどのことでもないのですが、そうすることにしましたので時々覗いてみてくださいね。

 

今日は手始めに、、、

「ホームページ」と「ウエブサイト」の違いってなんだ?

について書いてみたいと思います。

なんだかいきなり最近話題のNHKの「チコちゃんに叱られる」みたいなテーマになりましたが、

私は“ボーっと生きてんじゃないよ!”と叱りませんので安心してください(^^)

ノートPCで作業する様子

 

さて、日頃皆さんは恐らくホームページ=ウエブサイトと言う意味で使われているのではないかなと思います。

でもこの二つの言葉、というか呼び名は、実は違うものを指しているのです。

 

まずホームページという言葉は何を指すかですが、

本来はウェブブラウザを起動したときに一番最初に画面に表示されるページをホームページと呼ぶのです。

ウェブブラウザとはインターネットを閲覧するためのソフトのことで、

代表的なものをいくつかあげると、microsoftのインターネットエクスプローラーや、

googleのgoogle chrome、Appleのデバイスに入っているsafari、他にもfirefoxなどがありますね。

皆さんはどれをお使いですか?

 

このウェブブラウザを開いた時に一番最初に表示されるページをホームページと言うのです。

その証拠にというわけではありませんが、ウェブブラウザの一番左上に下の画像のような家のマークがついていることがあります。

ウェブブラウザの起動画面

勘のいい方はもうわかりましたね。

一番最初だからホーム、だからホームページなんです。

 

これが時とともに変化していきます。

企業や個人のウェブサイトのTOPページもホームと呼ぶ場合があります。

ウエブサイトを見ていると「ホームに戻る」というボタンを見たことがあるのではないでしょうか。

ということで企業や個人のウエブサイトの一番最初のページ、つまりTOPページのことをホームページと呼ぶようになります。

だから企業や個人のサイトそのものを「ホームページ」とも呼ぶようになったのです。

 

そしてさらにその適用範囲は広がり、各種ウエブサービス、

facebookやinstaなどのログインページなどもホームページと呼ぶようになっていったのです。

 

ここら辺は日本人特有の曖昧な解釈によるものかもしれませんね。

 

実際、ウエブサイトを制作する会社も「ホームページ制作会社」と自ら名乗っているケースも多々あります。

これは、そう表現した方が一般のユーザーに理解してもらいやすいからですね。

 

それじゃあ「ウエブサイト」っとなにを指すの?と思われたのではないでしょうか。

ウエブサイトの正しい定義は、ウエブページの集まりのことなのです。

企業のサイト、個人のブログ、楽天やアマゾンなどのショッピングサイト、SUMOや食べログなどのポータルサイトも

みんなウエブページの集まりですから、ウエブサイトなんですね。

 

では、これからはどう呼べばいいのか?ですが、

正直どっちでも意味は通じますし、間違いではないので恥ずかしいことありません。

ケースバイケースで使い分けていただければそれで充分です。

と結局あいまいな結論になってしまいました(笑)

 

今後はウエブサイト?ホームページ?のSEO対策や記事の書き方なども書いていきますので、

お楽しみに!

ではまた\(^o^)/

 



現場見学会の日程は慎重に決めなければならない 工務店コンサルのつぶやき

工務店さんの重要な営業の場として現場見学がありますね。

 

皆さんは現場見学会の日程をどのような基準で決めていますか?

恐らくもっとも多い基準は現場の進み具合じゃないでしょうか?

それとお引き渡しの日程とを睨んで、

「よし!この土日にしよう!」

こんな感じでしょうか?

 

私も現場見学会の日程についてはクライアントの工務店さんからよく相談を受けます。

 

その時に必ず工務店さんに注意を促すことがあります。

今回の見学会のターゲットはどんな方ですか?と。

 

もし見学会場の家の仕様が、平屋だったり、シニア層向けの仕様だったりする場合は、

もちろんいろんな方に来てもらいたいのはやまやまだと思いますが、

これから書くことはさほど気にする必要はありません。

 

しかし、子育て世代の方がターゲットだとしたら最も気を配らなければいけないことが一つあります。

それは、地域の幼稚園や小学校の運動会、お祭り、特に子供神輿などと日程が重ならないかどうかということです。

これらの日に重なってしまったときは、当然集客など見込めなくなるからです。

小学校の運動会

写真は私の子供の運動会です。

台風24号の影響で延期され、平日の火曜日の開催になってしまいました。

 

良くある話で、当日なんだか人の出が少ないなぁと感じ、

よくよく調べたら小学校の運動会だった。

結構悲劇ですよね。

小学校の運動会

 

地域に根差している工務店さんなら地元の小学校の運動会の日程くらいはちょっと調べればわかるはずです。

しかも運動会の日程くらいは4月に新学期が始まった時にわかるはずです。

極端なことを言えば、工程やお引き渡しの日から遡って考えれば、

見学会ができそうな土日はおおよそ見当がつきますよね。

運動会に重なりそうであれば、その時点で工程やお引き渡しの日程を調整するくらいのことをしても良いはずです。

なんといっても見学会は、広告予算も掛ける訳ですし、最も大事な営業の場だからです。

 

そのためには契約が取れたときにも、年度のイベントスケジュールを立てる時にも、

可能な限り微細にスケジュールを立てておくことが大事ですよね。

 

毎月見学会ができるほど棟数を獲られているビルダーさんならまだしも、

年間10棟までの工務店さんは、せっかくの営業の場である見学会をもっと大事にすべきだと思います。

 

今年は台風や大雨がとても多かったので、お天気に左右されたという工務店さんもいらっしゃるかもしれません。

ただ、自然災害やお天気はコントロールできるものてもありませんから、

ある程度仕方ありません。

けど、地元の小学校の運動会やお祭りだけはあらかじめわかってるのですから避けて見学会を実施してくださいね。

 

それではまた!

 



台風のときはちゃんと対策をしないと余計な費用がかかることに 工務店コンサルのつぶやき

台風24号、すごかったですね~。

被災された方には心からお見舞い申し上げます。

 

今回の台風はとにかく風が強く、弊社コミュニケーション&リーディングの事務所がある杉並区でも、

各所にかなりの爪痕が残っていました。

 

弊社の事務所の前は青梅街道という新宿と青梅を結ぶ幹線道路なのですが、

青梅街道を挟んでちょうど事務所対面に1ヵ月前くらいに焼き鳥屋さんができました。

1本88円の激安焼き鳥さんで、普段はけっこう賑わっていたのですが。。。

 

で、台風一過の今朝、事務所に来て、ふと道路の向こうを見ると、

目を疑うような光景が・・・

台風一過の焼き鳥屋さん

 

焼き鳥屋さんの入り口は折れ戸のサッシが入っていたのですが、

一枚も残らず吹き飛ばされていました。

更に、店内の椅子やテーブルまでもが跡形もなくなっているではありませんか!

 

どうやらお店のスタッフはまだ出てきていないようで、

店内に人影はありません。

あまりの悲惨さに通りすがりの人が次々と写真を撮って行っています。

 

この店舗、実はちゃんとシャッターが備え付けられていて、

しつかりと戸締りができるようになっているのですが、

台風が来る昨日の夜に限ってシャッターを閉めず、

折れ戸サッシのまま帰ってしまったのでしょうね。

 

世間にはしっかりと風対策をしたにもかかわらず、

運悪く瓦が飛ばされてしまったり、

屋根のトタンが飛ばされてしまったりした方が大勢いらっしゃいますよね。

あれほど散々ニュースでも言っていたのに、、、

何故折れ戸サッシを閉めただけで帰ってしまったのでしょう。。。

お気の毒様です。

 

人のふり見て我がふりなおせ。

肝に銘じた朝でした。