コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


無料や極端に安く作れるWebサイトはどうなの? 工務店コンサル日記

最近は無料で作れるホームページや、極端に安く作れるホームページが増えましたね。

 

Webのことをよく知らない方は、

「安く作れるならいいじゃん」

とか、

「高額なホームページって何にお金を払っているかわからないじゃん」

というふうに思っている方も多いと思います。

 

そういう疑問に対してちょっと意見をお話します。

 

まずは無料や安価で作れるホームページって何がいけないのか。

あまり専門的なことを言ってもご理解できないと思いますので簡単なことを書いていきましょう。

 

web制作

無料や安価ということは色々と制限があるわけです。

サーバーに保存できる容量が限られていたり、

使用できるフォントが限られていたり、

Webサイトの構成で重要なSEO対策としての必要なタグの設定がままならかったりしたりするわけです。

 

簡単でかつ可変性のないなCMS(CMSならまだいいですけど)や、

パワポと同じくらい簡単なソフトを使っているケースがあり、

だからといって数万円から10万円くらいで作れますと言っているものもありますが、

それって本当に長期的なサイトの成長を実現できるものなのでしょうか?

 

答えは否です。

 

現在全世界のWeb業界を牛耳っているのは紛れもなくGoogle。

そのGoogleのガイドラインに沿ったものでなければ、検索上位を獲得するのは容易でありません。

 

昨日今日ポッと出たCMSや簡単に作成できるWebサイトがほんとうの意味での検索上位を獲得し、

永続的にCVを獲得できるわけがないのです。

 

ホームページは少なくともデイレクター、デザイナー、ライター、コーダーという専門技術者が、

知識の粋を集めて初めて構築できるもの。

確かになんちゃって業者が多いのも現状ありますが、

真摯にWeb制作に取り組んでいる人達からすると、

そんな事も知らないで安く作りますと言っている業者こそ、

数万円〜10万円で作りますと言っている業者こそ、

排除されるべきだと思います。

 

なんと言っても研究開発に相当な時間と労力をかけ、

HTMLやCSSなどのWebサイトを構築する上で必要な知識を習得し、

それらを駆使してホームページを作っていくわけです。

ましてや外注でサイトを作るなどはもってのほかです。

なぜならサイトを修正したいときにタイムリーにできないからです。

 

更に弊社ではサイトのオーナーが投稿の際、

どのようなワードを選び、タグなどを駆使して検索に掛かるように記事を構成していくのかまでを

研修を実施し指導しています。

そうしなければ検索に掛かることなど実現できないからです。

 

なのでユーザーの皆様は、よくよく考えた上で、賢明な選択をして欲しいと思います。

金額のことを言って大変恐縮ですが、

技術者がちゃんと検証したサイトは、少なくとも50万円以上はします。

 

それはサイト構築にかかる人件費です。

 

1人の技術者の日当が1万円として、一つのサイトを構築するためには1ヶ月〜2ヶ月かかります。

冷静に考えてその人件費が10万円なわけはないですよね。

 

サイトに使用する画像が100枚〜200枚あったとします。

その画像をサイトの使用に耐えうるだけのクオリティに、

フォトショップやイラストレーターを使って加工するわけです。

もちろんそもそもの写真の撮り方まで指導します。

本来のホームページというものはそこまでしないと市場の支持を得ることはできないわけです。

 

なのに、サイト制作がもし10万円だとすれば10日もかからず構築できるインスタントな構成と考えざるを得ません。

 

こんなことを書くと、自分たちを正当化していると思われるかもしれませんが、

賢明なユーザーの皆様はちょっと考えていただければわかると思います。

 

事業を始めたばかりで予算が取れないという意見もわかります。

だとしても画像の加工や文章のライティングだけでけも

数万円で済むわけがないことはご理解いただけると思います。

 

さらにリスティング広告や外部対策のとしてのSEO対策をできるWebコンサルまで出来る業者は限られます。

もしホームページを依頼される際は、

そこまでできるノウハウを待ち合わせている業者かどうかを

外的SEOをやるかどうかにかかわらず、正面切ってたずねられるべきですね。

できないとしたら、取り敢えず作るだけの業者と言わざるを得ません。

 

もしその金額で仕事を請けている業者がいるとすれば、

それこそ無責任と言わざるを得ないかと思います。

 

長くなるので今日はこのあたりで止めますが、

あなたがインスタントWeb制作業者に引っかからないことをお祈りしています。

 

では、では、また。チャオ~(^o^)



ちょっとした不便に改善の種は宿るのかも コンサル日記

今日はこれから九州へ出張です。

とある工務店様の課題解決に向けて、

まず今日は現状のヒアリング。

できればスケジュールの立案まで行けるといいかなと思っています。

 

ところで、皆さんはモバイルSuicaを使われていますか?

Suicaは関東でのサービスなので、

大阪のICOCAや博多のはやかけんにも同様の仕組みというか

サービスがあるかどうか、私は知らないのですが。

 

スマホに交通系ICカードを登録して、

スマホのタッチ一つで乗り物に乗れたり買い物ができたりするあれですね。

 

suica

 

で、飛行機で出張の時、いつも困るのが、

空港で飛行機の改札?(と呼んでいいのでしょうか?)を通る際に、

あらかじめ読み込んだ搭乗便バーコードをいつものごとくピッとやる時のことです。

 

機械が搭乗用のバーコードを読み込むより早くモバイルSuicaが、

搭乗便のバーコードを押しのけて出てきてしまうんですね。

 

何度も何度もピッとやったり、

早業でササッとピッとやったりするのですが、

どうにもモバイルSuicaが買っちゃうんですね。

 

心の中では、JALのバーコード頑張れ!と叫びながら、

ピッとやっても応援は伝わりません。

モバイルSuicaが勝利してしまいます。

 

仕方なく毎回ゲートの空港職員さんにスマホを預けて、

ピッとやってもらっているわけですが、

これ、なんとか改善できないものですかねぇ。。。

 

我々の普段の仕事でも同じようなことが言えると思います。

やっている側は日常なので当たり前、

だけどサービスを受ける側であるお客様は、

日常ではないわけですよね。

ましてや新築やリフォームなどであれば、

一生に一回とはいいませんが、その頻度は極端に低いわけです。

相手の立場にたって物事を考えることはとても重要ですね。

 

空港のゲートを作っているメーカーさん、

もしくはモバイルSuicaのアプリメーカーさん、

お願いしますよ〜。

 



キッチンアカデミーの講座で盛岡に行ってきましたー!

昨日は弊社コミュニケーション&リーディングで運営している

キッチンアカデミーの講座で盛岡に行ってきました。

 

台風の影響か、フェーン現象が起きていて、

盛岡はと~っても暑かったです。

 

地元の方に聞くと、盛岡は内陸なので東北の割には意外と暑いそうなのですが、

ここまでの気温になるのは珍しいですよ、とのこと。

 

ちょっと外で電車待ちをしているだけで、

汗が滝のように流れ、本当体力消耗しまくりでした。

 

セミナーには岩手県内の工務店様もお越しいただきましたが、

遠くは秋田からもご参加いただき、

皆さん興味津々で熱心に聴講してくださいました。

 

ほとんどの工務店様は、普段国内メーカーのシステムキッチンを扱われていると思いますが、

井の中の蛙、大海を知らずとはよく言ったもので、

講座の中では欧米のキッチンをこれでもかと言うくらいご紹介するのですが、

皆さん、かなり刺激になったのではないかと思います。

 

ちょっと言い方は悪いかもしれませんが、

いわゆる金太郎飴のようなどこを切っても同じような国内のキッチン事情が、

少しでも改善していくきっかけになればいいなと思います。

 

まだ講座ご参加されたことのない工務店様は、

百聞は一見に如かず。

是非参加されてみてくださいね。

 

キッチンのみならず、住まいの要であるリビングダイニングのデザインの概念が、

ガラリと変わること間違いなしですよ。

 

写真は講師をお願いしているSTUDIO KAZの和田浩一先生がデザインされたキッチン。

ホワイトの空間に浮かび上がるブラックなキッチン

突板を貼ったキャビネットにステンレスの天板が載っていますが、

天板の厚みを全く感じさせないシャープな仕上がりになっています。

 

設備機器もドイツの最高峰の機器がビルトインされていて、

とってもすっきりした印象です。

 

壁面には大容量の造り付けの収納が施されていて、

なにかと散らばりがちなリビングダイニングも、

これならいつも片付いた状態をキープできそうです。

 

今や、キッチン製作は設備メーカーさんだけのモノでありません。

スーパーのイオンさんや、家具屋さんなどもオリジナルキッチンを持つ時代です。

本来造作が得意な工務店さんならば、

メーカーキッチンのタグを貼り変えただけのものではなく、

自社で標準で使用している床材や壁材に合わせたオリジナルキッチンを持つことのできる時代になりました。

 

ここ数年で、オーダーキッチンや輸入キッチンなど、

設備メーカーさんのシステムキッチンではないものの売上比率が、

大きく伸びてきているそうです。

 

この流れを敏感に感じ取り、対策を講じていただくためにも、

キッチンアカデミーど開催するこの講座にご参加いただければ幸いです。

是非会場でお会いしましょう!

ご参加お待ちしています\(^o^)/

 



「ホームページからのお問い合わせが増えて忙しくさせてもらっています」らしいです!

今日は弊社でちょうど一年前にホームページを作成させていただいた工務店様から
大変嬉しいメールをいただきました。
 
 ホームページが大活躍との報告のメール
いやいや、こういうご報告のメールは、やはりとても嬉しいものですね。
こういう仕事をやっていて、とてもやりがいを感じる瞬間です(^^)
 
 
さて昨今では、紙の媒体(チラシや新聞広告、雑誌など)の効果が下がり続けていますよね。
逆にWEBを活用した広告やマーケティングの効果は上がり続けています。
 
 
これは皆様も実感されている通りです。
その中でもinstaやfacebookなどのSNSもいいのですが、
やはりカナメになるのは自社のオフィシャルサイトでしょうね。
 
 
ところが自社サイトをどうやってもっと働いてくれるツールにしていくのかがよくわからない、
何度も何度も大金をかけて作り直しているが一向に効果が見えない
というご相談を弊社でもよく受けます。
 
 
このような工務店様とお話ししていると、
色々なセミナーなどで聞きかじってきた
断片的な知識でなんとかしようとされていらっしゃる方が多いような気がします。
 
 
ホームページで集客する、問い合わせを増やす、
それができれば、ある種バクチ的な紙の広告費を削減して、
体力のある会社作りができるのです。
 
 
これは、インターネットやホームページの仕組みを正しく理解すれば決して難しいことではありません。
 
 
では具体的に何をしなければいけないのかを今日はちょっと書いてみたいと思います。
 
 
まず最初に取り組むべきはホームページのリニューアルでありません。
 
 
最初に取り組むべきは
ホームページの内部対策です。
 
読んで字のごとく、社内で行える対策なので、お金は一切かかりません。
いつも弊社のセミナーでもお話ししていますが、
・タイトルの見直し
・適切なディスクリプションの設定
・キーワード出現頻度のチューニング
・優良な被リンクを増やす
・インデックス(ページ数)を増やす
この5つなんですね。
 
 
この内部対策がホームページのシステム上できなかったり、
仕様が古くてやりづらいシステム構成の場合は、
リニューアルをお考え下さいね。
つまり極端な言い方をすると、ボロボロの中古車でカーレースに出たところで、
逆立ちしても勝てない状況のようなものですから。
具体的にどのようにすればよいのかは個別に研修を実施していますので、
ご興味がおありならば弊社までお問い合わせください。
 
 
 
上記の対策と同時に集客や問合せを短期間で飛躍的に伸ばす方法が
ホームページの外部対策です。
こちらは社外のSEOサービスを利用することになりますが、
気をつけたいのは、必ず信頼がおける業者に依頼しましょう。
やみくもに対策をしてもただの銭失いになると同時に、
対策がまずいと検索エンジンのペナルティを課せられる恐れがあります。
 
 
弊社では上位表示成功率88%の外部SEOサービスを実施しています。
具体的に何をしてこれだけの高確率の上位表示をするかというと、
・サイト内部の施策として、タグの修正、競合分析、サイト内リンクの見直し
・サイト外部の施策として、上表示したいお客様のサイトにリンクさせるサテライトサイトを構築し、
 専属ライターによるオリジナルコンテンツの作成、
 PageRankの高いオールドドメインにサテライトを構築、
 リンクの設置は効果の高いトップページからのみリンクを設置、
 過剰なリンクを行わず、クローラーの動きを最大限考慮したリンクを設置。
 IPアドレスを徹底して分散するなど、
 サテライトサイトのカテゴリーをお客様のキーワードにマッチしたものを使用します。
 
 
これだけの対策をすればさぞかし費用がかかるのではと思われるかもしれませんが、
こちらのサービスは完全成果報酬型!
つまりお客様のサイトが検索結果の10位以内に表示された時のみ日額課金となります。
つまり1500円くらいのキーワードであれば、
検索10位以内に一カ月のうち10日入れば15,000円の課金で済むと言う訳です。
どのキーワードが日額いくらになるかは都度お見積をしますのでご相談ください。
キーワードの選別からもご相談に応じますので。
 
 
というわけで、結論はホームページが効果が無いからと言って安易にリニューアルをせず、
まずはやるべきこと、もっと言えばやれることから取り組むべだと思います。
・内部対策
・外部対策
これらは両輪一体となった時に最も効果を発揮しますよ!
 
 
そして余裕があればデザインのリニューアルも含め、サイトを刷新しましょう。
その際の優先順位としては、デザイン優先で考えないこと!
ちゃんと稼げるホームページを作ることを優先してくださいね。
 
 
ご自分が把握できないことや理解できないことに取り組んだり費用をかけたりするのは怖いものですが、
30年前にパソコンに取り組んだ方がビジネスを優位に進めたように、
10年前にいち早くスマホやタブレットに取り組んだ方が先行者利益を享受できたように、
必ずや勇気ある行動は報われますよ。
 
 
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
それでは、また!\(^o^)/


コミュニケーション&リーディングはお盆中も絶賛営業中です!

今年の夏は連日殺人的な気候が続いていますが、

皆様体調などくずされてしらっしゃいませんでしょうか?

 

弊社コミュニケーション&リーディングでは、

スタッフの夏季休暇は各自交代制としていますので、

会社的にはお盆中も絶賛営業中!!です(^^)

 

普段お忙しくされている工務店様も、

休暇中にじっくりと相談したい方は、

ご連絡お待ちしております。

 

よろしくお願いします。