コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


キッチンアカデミー研修会場のトリトンスクエア

トリトンスクエアという場所を聞いたことがありますか?

 

東京の晴海にある複合エリアの一つです。

このエントランスロビーはこんな感じです。

トリトンスクエアのエントランス

 

一つの敷地の中に、

「住」としてURの高層マンションがあり、1,000人以上が住んでいます。

そしてツインタワーのオフィス棟があり、多くの人が働いています。

さらにそれらの人の生活を支えるためにレストランやカフェ、

スーパーや幼稚園など、

生活に必要なインフラが整備されています。

 

まさに一つの街なのです。

 

その中に東京都中央区の区民館があり、

今回のキッチンアカデミーはその会議室で行っています。

 

鉄筋コンクリートの堅牢な建物で、

設備も新しく快適に研修を受けていただくことができます。

 

是非一度来てみてくださいね〜(^^)



キッチンアカデミーの研修の帰り

今日はキッチンアカデミーの導入研修の一日目。

研修は全部で3日間、都合20時間行うわけですが、

その一日目でした。

 

今回も研修参加者の皆さん、とても興味深そうに聞いていただきました。

 

そりゃそうですよね。

一流のデザイナーさんによる、空間デザインのコツのレクチャー。

普段工務店さんはデザインのことを考えていないとはいいませんが、

構造の丈夫さや断熱などのスペックはしっかりと考えられていると思いますが、

ことデザインのこととなると専門的に勉強したことがないのが普通です。

なので、デザイナーさんの考えるレベルには遠く及びません。

またデザインはセンスだと思っている工務店も多いのですが、

デザインの中でセンスはあくまでもブラスアルファの要素。

実はデザインにもちゃーんと基本があるんです。

 

キッチンアカデミーの研修では、そのデザインの基本からしっかりとお伝えしていきます。

 

そうなると工務店さんにとっては今まで聞いたことがないような事柄ばかり。

 

そりゃあ、一生懸命、興味深そうに聞いてくださいますよね。

 

というわけで、昨今では丈夫なだけでなく、デザインも気の利いたものでないとお客様は評価してくれません。

 

デザインのことをちゃーんと学んでみたい工務店さんは、

是非一度キッチンアカデミーの研修にご参加してみてくださいね。

 

デザインの幅が大きく広がること、間違いなしですよ(^^)

 

写真は歌舞伎座。築地亡き後の中央区のシンボル的存在です。

研修帰りの歌舞伎座

 

 



ダイソンの水栓金具

今日は、ブログ2連投です(笑)

 

どうしてもお伝えしておきたいことがあって。。。

 

今日はホームページの運用研修だったのですが、

弊社コミュニケーション&リーディングはホームページ制作もやっていますが、

(しかも制作を外注に出すことなく、全て内制でやっています)

基本的には地域密着型の工務店を対象としたコンサル会社です。

 

クライアントである工務店さんが少しでも優位に受注活動をしていただくために、

様々な差別化メニューをやっているのですが、

その中で、工務店自身がオーダーキッチンを企画、デザイン、製作できるようになる

キッチンアカデミーというメニューがあります。

 

キッチンアカデミーについて

これは大手住設メーカーさんの大量生産されるシステムキッチンではライバルと差がつかないので、

自社オリジナルのキッチンを造ってお客様に提案できるようになりましょうということです。

そんな面倒なことしなくてもオーダーキッチン屋さんに外注すればいいじゃん!と言われそうですが、

それではキッチンそのものが高くなりすぎますし、

そもそもオーダーキッチン屋さんはキッチンだけを造る業者さんですから、

LDK全体や家全体まではおやりになりません。

LDKや家全体の空間を造るのは工務店さんなわけですから、

キッチンだけを外注に出すという無責任なことをせずに、

是非ともキッチンも自社で造っていただきたいからなのです。

面倒だし、大変そうだなと思われるかもしれませんが、

あなたの周りにウチはキッチンまで全部造ります!それがウチの強みですから!

というライバル工務店はいますか?

おそらく思い当たらないのではないかと思います。

つまり、「他所ができないことをやる!」

そうでないと、なんの差別化にもならないですよね(^^)

 

そんなことを仕事でやっているものですから、

水栓金具にも敏感になるようになりました。

帰りに高松空港でトイレに行ってビックリしたのが、

なんと掃除機で有名なダイソンの水栓金具がついてるではないですか!

珍しいダイソンの水栓金具

香川県の皆さん、気づいてました?

まぁ、気にしてないと気付かないかもしれませんけど、

これ、自慢してもいいと思いますよ!

 

そして、娘のお土産には「うどん脳」のキーホルダー(^^)

香川のゆるキャラ うどん脳

優しいお父さんでしょ(笑)

 

ではまた!



制作させていただいたホームページの運用研修

今日は香川県で、ホームページを制作させていただいた工務店さんで、

ホームページの運用研修です。

 

朝一から気合を入れるため?!

うどんを食べてきました。

 

やっぱうどん県に来たら、うどんを食べなきゃダメでしょーということですね。

私のお気に入りは、高松駅前のこのお店。

高松駅前のうどん屋さん さぬきうどんにはトッピング

すごく素朴な味で、出勤前にちょっと一杯という普段使いのお客さんも沢山来られています。

 

トッピングを欲張りすぎて、朝からお腹いっぱいになってしまいました(笑)

 

さて、ホームページの運用研修、

インターネットの仕組みから始まり、

googleさんのアルゴリズムの基準、

SEO対策、

検索にヒットしやすい記事の書き方、

写真の獲り方などなど、

頑張ってお伝えしてきます!

 

 



工務店さんの集まりでSNSとweb研修

今日は神戸で行われたとある工務店グループの集まりで、

SNSとwebの研修をさせていただきます。

 

今の時代、SNSやwebサイトの運用は、

自社のやっていることをお客様に広く知ってもらうには、

必要不可欠になっていますね。

 

ところが、ひと口にSNSと言っても、

Twitterもあれば、Facebookもあるし、

InstagramもあればYouTubeもあります。

 

えっ?YouTubeもSNS?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、

立派なSNSなんですよ。

SNSとはソーシャルネットワークサービスの略ですから、

人とつながり伝えたいことを伝えるツール。

なのでYouTubeも立派なSNSです。

その証拠にYouTube運営の肝であるチャンネルには

チャンネル登録というボタンがあり、

そこから登録するとそのチャンネルに新しい動画がアップされると同時に

YouTubeからプッシュ通知が送られるのですから。

伝えたい側からすると、イチイチ見てねと声をかけて回らなくとも、

プッシュ通知が行って、しかもアイキャッチ画像まで付いた状態で通知が送られ、

スマホにも送られます。

興味のあるテーマが画像付きで送られてきたら、

ついつい開いてみてしまうと言う訳ですね。

 

ちょっと話がずれましたが、少人数でやっている工務店では人的なリソースに限度あります。

 

数あるSNSを全て網羅するには無理が生じますから、

ターゲット層がどのSNSを利用しているのが高いのか、

効果はどうなのかをしっかりと見極めて運用していただきたいと思います。

 

老婆心ながら、最近Instagramのみで驚くほどの集客がありました!的な広告や投稿をよく見かけますが、

まぁ話半分どころか三分の一程度に思っておかれるのが良いと思います。

 

そんなうまい話があれば、日本中Instagram神状態になるはずですが、

実際にはそんなことにはなっていませんからね。

 

で、SNSというのはその性格上、情報発信ツールですから、

やはり受け皿が必要なんです。

その受け皿は何かと言うと、あなたの会社のホームページなのです。

 

なので例えて言うと、集客を扇とするとその要(カナメ)はやはりオフィシャルサイト。

要であるオフィシャルサイトの周りに配置して活用するのが各種SNSだと思ってください。

 

つまり、SNSだけどれだけ頑張っても、

要であるオフィシャルサイトがちゃんとしていないと、

お話しにならないと言う訳です。

 

しかしながら、ホームページの運用をわかっている方が、

これまた工務店業界には驚くほど少ないのが実態です。

 

そもそもホームページは要と言うことを書きましたが、

本来のホームページ運用のノウハウが分かってさえいれば、

それだけでも事足りるのですよ。

それを流行に流されて、あれもこれもやらなければいけなくなり、

結果どれも中半端で成果が出ないということになってしまいます。

 

今日はそんなことを具体例も交えてしっかりとお伝えしてきたいと思います。

写真は飛行機から見た江の島と富士山。

飛行機から見た江の島 飛行機から見た富士山

日本の景色って本当に綺麗ですね(^^)

それでは、また!