コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


博多でキッチンマスター養成講座をやってきましたー!

こんにちは。

いやはや、自然の猛威って本当恐ろしいですね。

 

ついこの間台風15号が猛威を振るったと思ったら、
間髪入れずに今度は19号。

 

しかも天気予報で示された地域から遠く離れたところでも深刻な浸水被害。

 

15号、19号で被災された皆様には心からお見舞いを申し上げます。

 

さて、私は昨日、今日と博多に来ておりまして、

キッチンアカデミーのキッチンマイスター養成講座を博多で開催しています。

研修の風景はこんな感じです。

博多でのキッチンマイスター養成講座の風景

キッチンマイスター養成講座の詳細についてはこちらをご覧ください。

http://com-leading.com/knowhow/kitchenacademy

 

この講座を受講するとどうなれるかは、キッチンアカデミーのオフィシャルサイトの施工事例をご覧いただきたいと思います。

https://kitchenacademy.info/works/

 

沢山のオーダーキッチンやオリジナルキッチンの施工事例が掲載されていますが、

これらは皆さんと同じ工務店様が、自社でデザイン、設計、施工されたものです。

ほとんどが大手キッチンメーカーのシステムキッチンしか扱ったことのない工務店でしたが、

キッチンマイスター養成講座を受講後は、画一的なメーカーキッチンではなく、

インテリアとうまく融合させ、お客様が望まれるライフスタイルを実現したものになっています。

 

まだまだキッチンは“設備”だと思っている業界の方がほとんどだと思います。

設備屋さんが注文されたシステムキッチンを持ってくるからそうなるのも理解できなくはないですが。

その証拠に先日のセミナーで、オーダーキッチン業界の大御所、

STUDIO KAZの和田浩一先生が、

「キッチンはインテリアの一部なんです。設備から脱しましょうよ!!」

と吠えたら、そこに参加していた工務店の皆様は、???な顔をされていました。

 

だから日本の住宅デザインは海外と比べるとどこかワクワクしないんですよね。

 

住まいに求められるのは快適性。

この快適性という言葉の中には、温熱環境はもちろんのことですが、

好きなインテリアやデザインにつつまれて過ごす快適さもあるのではないでしょうか?

 

そんな快適性に、そうだそうだと同意いただける方、

お客様のために素敵なキッチンやインテリアを造って、

代わり映えしない同業者さん達と差別化をはかってみませんか?

 

 



住宅会社の安定受注(経営)を追求するセミナー

こんにちは。

 

昨日は新大阪でいつもとはちょっと違ったスタイルでセミナーをやってきました。

 

タイトルは「住宅会社の安定受注(経営)を追求するセミナー」

 

工務店を経営していれば誰もが願うタイトルですね。

セミナー看板「工務店の安定受注(経営)を追求するセミナー」

 

安定受注(経営)のためには、なによりも見込み客がいなければいけませんね。

ここではあえて“見込み客”と言いました。

何故“集客”と言わなかったのかと言うと、私の中での定義は、

“見込み客”は自社の見込みになるお客様。

“集客”はとにもかくにも来てくれる人を集める。

つまり将来的に自社で契約になるお客様が本当の意味での見込み客と言う訳です。

 

工務店は各社それぞれに建てている価格帯も違えば、

どんなところにこだわりをもっているかも違ったりします。

安い価格帯の住宅を建てていれば、それなりのお客様が集まってきます。

高い価格帯の住宅を建てていれば、また然りです。

 

また建物の性能にこだわる工務店もあれば、

性能ももちろんケアをしているけどデザインにこだわる工務店もあります。

 

このように工務店はそれぞれ形態が相当違うのでひと口に安定受注(経営)と言っても必要とするノウハウが違うのでなかなか難しいのです。

 

なので今回は、まずは価格帯に関わらず工務店の安定受注(経営)に必要なノウハウを持つコンサル会社6社が集まり、

このセミナーを行いました。

 

どんな要素かと言うと、

・建物には必ず地面が必要です。その地面(土地)の地盤保証を廉価でできる会社

・新築にしろリフォームにしろ、キャッシュで買う方は稀で、ほとんどが住宅ローンを使います。
その住宅ローンやライフプランを得意とする会社

・工務店経営にはお客様にわかりやすい建物商品(仕様と価格が決まっているもの)が必要です。
かなり廉価ですがかなり高性能な商品を持つ会社

・新築にしろリフォームにしろ、そこには必ず住まう方のライフスタイルがあります。
そのライフスタイルをデザインで具現化できる会社

・建物は時間の経過とともに必ず劣化します。劣化していく建物を長期にわたって保証できるスキームをもつ会社

だいたいこんなところでしょうか。

 

ご参加いただいた工務店様も、受注のためにそれなりに色々と取り組んでいらっしゃると思いますが、

全てを完全に網羅するのは至難の業です。

今回参加いただいたことで、

「自社に足りているものと足りないものが明確にわかりました」

というお声を頂きました。

と同時に、足りないものを埋めるための近道を検討していただくことになったようです。

新大阪でのセミナー風景

 

たまーにこんな企画のセミナーもやりますので、

このホームページ内にあるイベント情報(カレンダー)や、

弊社からのセミナーのご案内などを見落とさないようにしてくださいね\(^o^)/

 

それではまた。

 

 



キッチンアカデミーの説明で島田市まで

今日は弊社のサービスメニューのひとつ、

キッチンアカデミーの説明で島田市の工務店様にお邪魔してきました。

 

元々家具製作などもされているようで、

その辺り意識は高めの工務店様。

 

建物の性能はもちろん、内部のデザインや仕様までもちゃんとこだわりをお持ちで、

その一環としてキッチンも大手メーカーの既製品ではなく、

自社として自信をもって提案できるオーダーキッチンを検討してみようということでした。

 

「キッチンや家具なんて既製品でシャンシャンと済ませた方が楽だし、いいじゃん。

ウチら建築屋はしっかりとした箱さえ造ればいいんだから」

という建築屋さんが多い中、しっかりとしたビジョンをお持ちで、

是非そのビジョン通り取り組んでいただきたいなぁと思いました。

 

実はちょっと風邪気味だったので、いつもならノンストップで走り切る距離ですが、

さすがに消耗が激しく途中でちょっと休憩。

出張途中にリポDで栄養補給

 

リポDで栄養補給をして帰ったという一日でした。

 

スッキリ直して明日もがんばるぞ~!

 



建物60年長期保証の説明に帯広へ

今日は帯広まで日帰り出張。

 

C&L会員様に弊社で新しく提携、リリースした建物60年長期保証のご説明にお邪魔してきました。

 

雨の羽田空港

羽田はあいにくの雨模様。

フライトを待っている間にドンドンと雨足は強まり

窓越しでは外の景色が見えなくなってしまいました。

雨足が強まる羽田空港

 

まぁそれでも飛行機は飛ぶんですよね(笑)

 

会員様への訪問は午後からなので、地元の方ご愛用のカレー屋さんへ。

帯広のインデアンカレー 器が昭和風のレトロなカレー

器が昭和風でレトロな感じがいいですよね(^^;

 

しっかりと腹ごしらえをしておいて良かったです。

建物60年保証のスキームと活用の仕方をレクチャーしたのですが、

営業スタッフの方々からたくさん質問や意見を頂いたので会議は超白熱!

結局4時間くらいお話しをさせていただきました。

優秀な会社は優秀なスタッフさんがいて、皆さんとても真剣でした。

 

おかげさまで全棟採用頂くことになり、

早速広告や告知用のツールなどのご依頼も頂き、

動き始めることになりました。

 

やることが早い会社はいいですねぇ。

これでお客様へのサービスもまた更に厚くなっていただきます。

 

日帰りでゆっくりできなかったのはちょっと残念でしたが、

帯広まで足を運んで良かったです。

 

建物60年保証は工務店業界ではまだまだこれからのサービス。

少しでもお客様へ安心をお届けして、契約増につなげていきたいとお考えの工務店様、

ご連絡お待ちしてまーす!(笑)

 

 



とうとう消費税アップ

こんにちは。

とうとう消費税がアップされてしまいましたね。

 

いつもはコンビニで買い物をしてもレシートを見ることなどありませんでしたが、

今回ばかりはまじまじと見てしまいました。

 

試しにセブンイレブンでベルギーワッフルを買って、

あえてのキャッシュレス払い。

 

こんな感じですね。

諸費税アップでキャッシュレス決済のレシート

 

まぁ、細かい買い物をしている分にはなかなか実感がないかもしれませんが、

これまでと同じ生活をしていると確実に支出は増えます。

わずかながらでも個々に防衛手段をとるしかありませんね。

 

逆に大きな買い物をする時は嫌でもその影響を感じることになるでしょう。

 

弊社の場合は、事務所の家賃。

ご存知の通り個人で借りている居住用の家賃には消費税はかかりませんが、

法人が事業用の事務所として借りている賃料には消費税がかかります。

 

弊社も今までは万円単位の大台を少し割り込んでいたのですが、

今回の増税で大台に乗ってしまいました。

 

売上に対する消費税は増えても仕入れ分を支払う際に支出として出ていくので、

なんとなく行って来いかなと思っていましたが、

会社の設備や消耗品にかかる消費税はそのまま支出として増えるので、

これまでよりも余計に支払わなければいけないのだなぁと実感します。

 

法人は個人の生活費のように防衛策がありませんので、

支出が増える分はやはり売上を増やしていくしかありませんよね。

 

最近なんとなく感じるのは、出張の際の旅費が高くなったなぁということ。

ラグビーのワールドカップなどがあり、観光で来日する外国人が増えているのか、

時価変動する飛行機代やホテル代、ひいてはツアー代金なども上がったように感じます。

 

来年にはオリンピックもやってくるので、この傾向はより強くなっていくでしょうね。

 

いよいよ弊社もzoomなどのネットを使ったコミュニケーションスタイルも活用しなければなぁと思う反面、

実際私が営業をされる側の時に、zoomミーティングで説明を受けることも増えてきましたが、

やはりイマイチ伝わらないような気がしています。

それになんとなく断りやすいし(笑)

 

まぁ百歩譲ってBtoBであれば時代の流れだから仕方ないかと思いますが、

これがBtoCの住宅営業やリフォーム営業だとまだまだ難しいでしょうね。

 

さてさて、消費増税の影響、じわじわとボディブローのように効いてくるのでしょうか。

茹でガエルにならないように気をつけなければいけませんね。

 

ではまた!\(^o^)/