コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


レンジフードの換気風量計算まで教えていますよ〜

今日は、昨日に引き続き都内でオーダーキッチンをテザイン・制作できる工務店さんを育成する

キッチンアカデミーの研修をやっています。

キッチンアカデミー研修風景

 

今回は、京都の工務店様にご参加いただいています。

本当は新潟の長岡の工務店様も参加予定だったのですが、

あまりの降雪の多さで今回の参加は断念されました。

やはり自然の猛威には勝てないですねぇ。

 

で、今まさにやっているのはレンジフードの換気風量の計算の仕方です。

レンジフードの換気風量計算

キッチンって、火・水・刃物を使う場所なので、

ただ単に格好が良ければいいだけではなく、

ただ単に使い勝手が良ければいいだけではなく、

これらの要件を満たしつつ、安全でもなければいけません。

 

最近は料理をする男性が増えたり、家庭でも本格的な料理をする方が増えたりで、

加熱機器もハイスペック化し、出力が大きいものも随分と増えています。

そうなると必然的にレンジフードもなんでもいいわけではないんですね。

そしてオーダーでキッチンを造るためにはこういう知識も必要になってくるんですよねぇ。

 

キッチンって昔は家の北側の壁に押しやられていたり、

閉ざされた別室だったりした時代もありましたが、

今やどんどんリビングの方に出てきて、

ご家族のコミュニケーションの場となり、

LDKのデザインを決定づける存在になっています。

なので、新築にしろリフォームにしろ、リノベーションでも古民家再生でも、

キッチンはとても重要な要素になっていて、差別化をしなければいけない存在になっていますよね。

 

弊社コミュニケーション&リーディングで行っているキッチンアカデミーでは、

育成するキッチンマイスターの皆様にデザイン力や素材・設備機器の知識も勿論お教えしていますが、

そればかりではなく、同時にお客様に安心・安全にお使い頂けるような技術的な知識もお教えしているんですよ(^^)

 

この京都の工務店様もキッチンアカデミーのキッチンマイスター養成講座を無事卒業していただいたら、

オーダーキッチンができるキッチンアカデミーの工務店としてご活躍して頂けることでしょう!

京都の皆様、それまでもう少しお待ち下さいね(^^)