コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


本日も盛況なり、キッチンマイスター養成講座

工務店さんの差別化っていろいろあると思います。

ただ、ちょっと違うなぁといつも思うのは、

長期優良、ZEH、UA値競争などのスペック系。

スペック系って、要は国(国交省)が旗を振って、

建築業者に「みんなこのレベルまではついておいでね〜」って言ってることなので、

出来ないとマズイでしょうが、

出来たからと言ってみんなやっていることなので、

それは差別化とは言わない、

ならないのでは?と思います。

 

こむづかしいことはさておき、今日、明日は、

ちゃんとデザインされたオーダーキッチンやオーダー家具が

工務店さん自身でもできるようになっていただく、

キッチンアカデミーの中で実施しているキッチンマイスター養成講座をやっています。

東京 キッチンマイスター養成講座 2017.4.25 IMG_5425

 

技術力やデザイン力を売りにする工務店さんは数あれど、

洗面化粧台やちょっとした造作収納や棚などを売りにする工務店さんは数あれど、

意外と少ないのがキッチンまで造りますよ〜と当たり前のように言える工務店さん。

 

しかし、時代はお客様のデザイン指向が高まり、

内装などで個性を表現したいお客様も飛躍的に増えています。

 

これまでのようにLDKを、

ここからここまではキッチン、ここからここまではダイニング、そしてここから向こう側はリビング、

などというプランニングはもう流行らなくなっています。

2016 ミラノサローネ1

 

そしてLDKの中で一番大きなもの、ボリュームを占めるものは・・・

そう、キッチンですね。

 

つまりLDK全体のデザインを最も左右するのはキッチンなんです。

 

なのに、多くの工務店さんは、キッチンメーカーさんが提供する画一的なキッチンをお客様にススメます?

選ばせます?

 

それはキッチンを住宅設備として考えているからなのでしょう。

でもキッチンは実は家具ではないのかなと思います。

2016 ミラノサローネ2

 

そんな家の中でも最も重要な要素、キッチンを、

モノづくりを本懐とする工務店さんが造れないでどうするのでしょうか?

 

ということで、しっかりとデザインされたオーダーキッチン、オーダー家具が、

自由自在に造れる工務店さんを養成しているわけです。

 

こっちのほうが、よっぽど差別化になると思いませんか?

そうかも、そうだ!、と思われたあなたも、キッチンマイスター養成講座を受講してみませんか?

視野が大きく広がると思いますよ〜(^^)  チョットセンデンデシタ(苦笑)