コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


神奈川県にも間もなく初のキッチンマイスターが誕生 キッチンアカデミー

昨日、今日と急遽都内でキッチンアカデミーで実施している

キッチンマイスター養成講座でした。

2017-01-13 キッチンアカデミー研修風景

 

今回は神奈川県の工務店さんが対象です。

以前から高性能な住宅を造っていらっしゃった工務店さんですが、

ここ1年〜2年はデザインにも気を配られ、

格好いい住宅造りをされるようになったとか。

 

提供する住宅がお洒落で格好良くなってくるとお客様もそのような毛色の住宅を望まれるお客様が集まってきます。

 

必然、邸内、特にご家族が過ごされる時間が多く、来客も通すことになるLDKは、

格好も良く、快適にしたいと思うのは当然。

そのLDKのデザインの要はやはりキッチンです。

 

今回はリフォーではありますが、キッチンを格好いいものに変えて

LDK全体をやり変えたいというお客様がいらっしゃったとのこと。

 

予算が有り余っているのであれば、オーダーキッチン屋さんで豪華絢爛なオーダーキッチンを造られればいいのですが、

誰もが際限なく費用を掛けられるわけではありません。

 

限られた予算でご家族が快適に過ごせる空間を造る。

そうすると快適な空間には自然とご家族が集まるようになり家族の絆も強くなります。

また、訪れたお客様も「素敵なリビングね〜」となり、

ちょっとしたプチ自慢にもなりますね(^ ^)

 

しかもキッチン本体だけを取り替えるだけではなく、

周辺もコーディネイトしてまとまりのある空間を造ることができるのが“工務店”ならではのお仕事です。

 

ということで、この工務店さんも急遽工務店でできるオーダーキッチンを学びたいと、

受講してくださいました。

 

お客様は待ってくれませんので、

「急遽」「1社だけの個別研修」という対応でしたが、

そこは工務店さんの想いに応えたい!と、頑張りました。

講師の先生のスケジュールを合わせ、

研修会場を手配してと、ちょっと準備は大変でしたが、

受講してくださった工務店さんも、

早速そのお客様のプランニングを講師の先生にご相談され、

「なるほど」とうなるようなアイディアを受け取っていただきました。

 

お客様へのご提案がうまく通って受注になると良いですね(^ ^)

 

今や大手キッチンメーカーさんも、

これまでのように同じものを大量に造り、

安く提供するだけでは選ばれなくなったと危機感を強めていらっしゃいます。

テレビで見るキッチンメーカーさんのCMも打ち出し方が変わってきているのを感じますね。

 

ならば、末端で直接お客様と接する工務店さんも、

意識を変えていかなくてはいけないのではないでしょう。

 

確かに設備メーカーさんのシステムキッチンは、

工務店にとって施工や打合せは楽ですし、仕入れも安い。

メーカーが保証もしてくれるので自分たちが被るリスクも低くてすみます。

しかし、それはあくまでも提供者目線であり、

最も大切なお客様の目線ではありませんね。

 

今回の講座を全部履修していただくと、

神奈川県にも初のキッチンマイスターが誕生します。

 

色々な意味でお客様に喜んでもらえる空間を提案できる力をまた一つ身につけていただき、

1組でも多く「お宅に頼んで良かった!」というお客様を作っていっていただきたいと思います。