コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


ホームページ成功の鍵は社員一丸 理念の共有もポイント 

今日は祭日でウチの会社もお休みでしたが、

当社がホームページを納品させていただいた工務店さんが、

社員さんを引き連れて研修に来てくださいました。

 

社長様には納品時にガッツリ研修を受けて頂いているのですが、

やはりホームページの投稿をスタッフにもやらせたいからとのこと。

 

これ、とても良いことです。

 

スタッフさんといっても、内勤や営業の方ではなく、

普段現場に出て、大工さんや職人さんと一緒に作業をしている

いわば社員大工さんに近いような方々。

恐らく普段はPCとも縁遠いお仕事をされているわけですね。

 

最初は、俺たちにできるのかな?という硬い表情。

キーボード操作も、一つ一つキーをゆっくりと押していく感じです。

 

まずはホームページの投稿画面の解説から。

「ここをクリックするとこうなりますね」

「ここにはこんな機能がついてますよ」

なんてことを話していくと、

「意外と簡単なんだな」

「専門知識が無くてもできそうだな」

という表情に変わっていきます。

 

操作練習のあとは、記事を書く際のコツを伝授していきます。

 

「こういう風に書くと検索に引っかかりやすいでしょ」

「レイアウトはこんな風に考えると構成しやすいでしょ」

と話していくと、面白そうな表情に。

 

そして最後に、なぜスタッフの皆さんがこういう業務をやらなければいけないかを

さりげなく、だけど、しっかりとお伝えしました。

 

なんでもそうですが、目的や目標がないと単なるやらされ仕事になっってしまいますが、

自分たちがなぜこの仕事をやるべきなのか、

それは会社のどんな役に立つのか、

そして、短期、中期、長期的に明るい未来が描けるのか、

それらを理解できると力の入り方が全く違ってきます。

 

操作練習も大事ですがそれは単なる手順や方法論。

大事なのは最後のところなんでしょうね。

わざわざスタッフを引き連れてお越し頂いた社長様の意図もそのあたりにあったんじゃないでしょうか。

 

〇〇社長、ご期待に沿えましたでしょうか?(笑)

写真は撮り忘れたので、ありませーん・・・(涙)