コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


千葉県と栃木県でホームページ改善ご相談と経営の差別化のコンサルでした

いよいよ関東も梅雨明けしましたね。

待ちに待った夏本番到来というところでしょうか。

私は2月生まれのせいか暑いのが苦手なので、

つらい季節になりました(汗)

 

さて、今日は千葉県と栃木県の工務店様からご相談をいただき、

お伺いしてきました。

 

千葉県が2社様、栃木県が2社様、合計4社様です。

さすがに車で移動しながら、4社様のご相談に応じるとなると、

時間もタイトですし、ちょっときつかったです。

 

今時ですから皆様それなりのホームページをお持ちなのですが、

待てど暮らせど反響が無いとのお悩み。

まあ、それはちょっとした勘違いと、意識の違いのせいなんですよね。

 

ホームページをお作りになった方の多くは、

完成して納品されたら

「お〜、格好いいのができたな! これからバンバン問い合わせが来るぞ! 楽しみだな〜」

というテンションになるのですが、

実はここが大きな勘違いなのです。

 

ホームページは完成して納品された時がスタート。

運用して動かしてこそ、初めて働いてくれるものなんですね。

なので他力ではありません。自力が必要なのです。

お伺いした4社様にはそのことをお伝えし、

具体的に何をすれば良いのかをお話させていただきしまた。

 

 

また、お話をしていると必ず他社との差別化のお話も出てきます。

長期優良、ゼロエネ、低炭素化社会への対応のための2020年の省エネ基準対応、

などなど工務店が取り組むべき課題は山盛りです。

しかし、これらは取り組むべき必須の課題なので

「やるべきこと」

であって、

残念ながらここで言う

「他社との差別化」

ではないんですよね。

 

そのあたりのアドバイスも併せてさせていただきました。

「じゃあ、いったいぜんたい工務店は何をすれば差別化になるんだ?」

 

これについては又の機会に書かせていただきたいと思います。

 

コンサル 打合せ