コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


高いスキルが身につく工務店経営セミナー

工務店経営は厳しい状況に置かれていますが、技術力の向上、経営スキルアップをすることで競合他社と差をつけられます。現状を把握し、工務店経営セミナーへの参加など対策をとることが大切です。

工務店経営の現状

2008年頃にリーマンショックが起こり、景気の低迷が続いています。また、日本の社会問題でもある少子高齢化の進行が、競合他社の多い工務店の経営を圧迫しています。さらに、消費税の増税が行われ、増税への対策も必要です。実際、経営に満足している工務店は減少している傾向にあり、利益を得るために自社の経営理念の見直しや技術力向上に努めている工務店は多いです。

技術レベルの高さ

地域工務店が厳しい状況の中で生き残れるかどうかは、現状の技術レベルで安心できるかというところにあります。現在はエコの観点から、省エネ住宅やオール電化住宅、また長く住める家として長期優良住宅など、国の推奨もあり、多くの方が住宅に求める機能性や理想が高くなっています。自社の技術レベルが多様化する顧客のニーズに応えられるか、最新の技術を取り入れているかなどを一度見直す作業が必要でしょう。

工務店の課題

建築業界は「住宅建築はどんぶり勘定」と比喩されることがあります。その理由として、計数管理は重要なことですが、零細企業の多い工務店はそれを不得意としていることが関係しています。

計数の把握と管理は、目標設定や安定した経営を目指すには必要不可欠なスキルです。そのスキルを身につけるには、工務店経営セミナーなどに参加することです。工務店経営セミナーでは、プロの講師が経営を成功に導くノウハウを指導してくれます。コミュニケーション&リーディングの工務店経営セミナーは、充実した研修内容で工務店経営者様をサポートいたします。

コミュニケーション&リーディングの工務店経営セミナーでは、ネット集客空間プランニングリフォーム土地活用不動産など、工務店経営のコンサルティングをさせていただきます。工務店経営セミナーの詳細については、電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。