コミュニケーション&リーディングは中小企業、地場産業を中心対象に展開するコンサルティング会社です。


戸建賃貸の不動産経営を成功させるコツ

低リスクで高利回りが期待できる戸建賃貸ですが、戸建賃貸の不動産経営を成功させるには、知識とノウハウが必要です。それらを身につけ、安定した経営で望んでいる利回りの確保に繋げましょう。

避けたい不動産経営の落とし穴

不動産経営において失敗例や成功例などは多くあります。失敗例を理解しておくことで、リスクを回避することができるでしょう。例えば、物件取得後に住宅機能に問題があった場合、リフォームが必要になります。
リフォーム費用が思った以上に掛かると、利益収益に結びつかず逆にマイナスになってしまいます。

また、大掛かりなリフォームで期間が長くなると、入居者獲得のベストシーズンを逃し、長期間借り手がつかないということもあります。このようなケースに陥らないためにも、プロから賃貸ビジネス経営のノウハウを教わるのが得策です。

内覧者を増やす

内覧者を増やすことで、早期の物件売却が可能になります。募集要項に載せる写真は、外観や内装の様子がしっかり写っているものを選び、物件の清掃はきちんと行いましょう。自分が住むかもしれない建物に汚れがあったなどの不満があると、借りようと思う気持ちは半減してしまいます。

また、内覧者が最も気にするのは、お客様を招く機会のあるリビングや和室です。写真を撮る際は、建物の外観や内装はきれいにしておき、撮る角度などに注意してみましょう。細かい情報が載っている間取り図は、カラーのものを選ぶことで見やすくイメージが湧きやすくなります。

信頼の獲得・リスクの回避

無事借り手が見つかった場合には、迅速な対応が必要です。物件が正常に機能するように適切な管理を行います。対応が遅れれば借り手は不信感を抱くことになりますが、迅速な対応ができれば、借り手との間に信頼関係を築くことができます。また、いつ起こるか分からないトラブルやリスクに備えて、各種保険に加入おくことも大切です。あらかじめリスクを防ぐために、定期的な点検もきちんと行いましょう。

コミュニケーション&リーディングでは、不動産経営に必要なノウハウを提供しております。建築業者向けに戸建賃貸などの不動産経営セミナー・研修を行っているので、ぜひご参加ください。